歯科医院を探すならドクターぷらざデンタルサーチ歯科相談掲示板 ドクターぷらざデンタルサーチトップ
歯科相談掲示板「ドクターぷらざデンタルサーチ」

鼻中かく湾曲症の場合の歯軋りや顎関節症の治療について
2011年2月21日(月)10:55:00相談者:ひな 【徳島県】 女性 38歳
最近、歯軋りがひどいのを知って口の中確認したら、犬歯が削れて尖りがなくなっている上に前方の歯の中央が削れてしまっているようでした。考えてみれば右ばかり肩こりや目の奥の痛みがよくでていたのでこれかと思って何度か確認していたらたまに口があけにくくなってしまいもしや、顎関節症もわずらってるのかな?と思ってます。
指3本は、口大きくあけるとぎりぎり入りますし大きく口あける時以外は、特に顎の音は、ありません。

どんな治療するのかネットで調べてマウスピースと知ったのでドラックストアでどんなものか見ていたら口呼吸の人は、使用できないと書かれていて、私も治療できないのかとショックを受けました。なぜかというと以前に耳鼻咽喉科で鼻中かく湾曲症といわれており、寝ると右の鼻は、ふさがってしまい左もそう広くないので自然と口呼吸になります(おきてる時は、鼻がつまってない時は、意識して鼻呼吸にしてます)

患ってる線維筋痛症の為、鼻を治したくても手術もできずそのままになってます。

こんな状態で治療は、できるのでしょうか?
それにこの病気は、痛みにも敏感になってるので治療の際その胸を告げるつもりですが嫌がられないでしょうか?それがあるので安易に治療にいけず困っています。
Re:鼻中かく湾曲症の場合の歯軋りや顎関節症の治療について
2011年2月27日(日)15:25:55岸本英之 岸本歯科クリニック
歯ぎしりは歯や歯を支えている歯周組織に悪影響を与えます。また顎の関節や顔の筋肉にも悪影響を与えることもあります。原因はストレスや咬み合わせとも言われておりますが、そのメカニズムはまだはっきりとは解明されておりません。ただ現状を放置していてもどんどん悪化する可能性がありますので、早めに歯科医院を受診されることをお勧めします。その際には歯ぎしりや咬み合わせの治療に熟知した歯科医をさがされるのが良いと思います。一般的には治療はマウスピースを用いるのですが歯科医院ではきちんと型取りをしてそれぞれの患者さんに合ったものを作成します。口呼吸の人は使用できないということはありません。また口呼吸というと睡眠時無呼吸症候群も関連してきますが、睡眠時無呼吸症候群の治療と歯軋りの治療は治療法も異なりますので歯科医院でご相談されてください。
質問答えて頂きありがとうございます。
2011年2月27日(日)16:07:52ひな
睡眠時無呼吸症候群も歯医者さんの管轄になると知り、驚きました。

口呼吸でも使用できると聞いて安心しましたが四国の片田舎なのでかみ合わせ等に熟知した医師がいると不安に感じてます。
線維筋痛症の事もありますし・・・。

現在の歯医者さんでは、そういうのに詳しい医師というのは、多いのでしょうか?
後、睡眠時無呼吸症候群の検査や治療をどうされるのかも知りたいのですが教えて頂けないでしょうか?

相談掲示板相談一覧



Copyright (C) ドクターぷらざデンタルサーチ All Rights Reserved
www.dr-plaza.net